2021年7月11日 本部例会

池田市立カルチャプラザ

新型コロナウイルスの為、当会も4月、5月、6月の例会が中止となり、久しぶりに、7月例会が7月11日、池田市立カルチャープラザに於いて開催されました。

最近は毎日が雨でしたが当日は辛うじて雨は降りませんでした。久しぶりの例会の為か参加者は25名とこの時期としては多めです。出品花も60鉢以上とまずまずです。夏咲きカトレヤやパフィオ等この会ではいろいろな花が出品されますが季節的に沢山出品されたのが
V.falcata(風蘭)です。その為会場内では甘い香りに包まれました。

人気投票第1位は私水谷崇子のEncyclia cochleateでした。これは昨年も人気投票に選んでいただきました。小さな地味な花でも大鉢になると存在感があるようです。毎年どんどん大きくなり今年も鉢を一回り大きくしたばかりです。

第2位は長尾憲佑さんのPaph.Hung Sheng Eagle でした。長尾さんは沢山のパフィオを持ってきてくださり、そのどれもが素晴らしく咲いていましたが、人気投票ではこれが選ばれました。やはり大きくて凛と立っている姿に迫力があったのでしょう。

第3位は川辺佳津子さんのC.purpurata f.semi-alba`Formosa’でした。いかにも川辺さんの花らしく、8輪の花が綺麗に、生き生きと並んでいます。白とリップの色のコントラストが良くはっきりとした花です。

講演は和歌山オーキッドの和中雅人さんに「プミラ等ソフロ系カトレヤの自生地の紹介と栽培方法について」と題してお話をしていただきました。ブラジルという国の名前は知っていても私たちにはとても現地へはいけない遠い遠い国です。最初はブラジルで行われた蘭展の紹介でしたがそこでも日本とは少々違うお国柄がでてきます。C.pumilaの自生地では山へ登り、標高や日光の当たり方、日陰を好むことなどを話してくださいました。私たちはそれを参考に栽培すればいいのですがそれが難しいのです。なかなかうまくいかないのは私だけでしょうか。
(水谷崇子記)


☆ 人気投票結果


☆ 栽培賞・努力賞結果

  例会報告に戻る