2019年12月8日 本部例会

池田市立カルチャプラザ

すっかり冬になりました。蘭も暖房を入れて気持ち良くしてあげなければなりません。この冬は厳しくありませんようにと願います。12月8日、池田市立カルチャープラザで12月例会が開催されました。今月は23名の出席と95鉢の出品鉢がありました。いつもこの例会ではとても良い作品が出るのですが、今月もなかなかの力作が出品されました。栽培賞が3鉢、努力賞が4鉢も出ました。このことに於いてもいかに皆さんが努力して咲かせていらっしゃるかとうかがい知れます。

人気投票第1位は西岡清作さんのPaph.insigne var.sanderae でした。パフィオなのに圧巻の大鉢です。15花茎14輪咲いています。ここまで来るには長年かかっているとは思いますが年月だけでこれだけ咲きません。やはり栽培上手なのでしょうね。同点第1位の松田啓子さんの C.walkeriana f.semi-albaも見事な作品です。白の綺麗な大きな花が9輪付きまだ4輪の蕾があります。よくこれだけ咲かせたものです。第3位は山本茅花子さんのOnc.Morning Medley`Sakura Sakura’でした。10花茎に数えきれないくらいの花がついています。花は小さくてもこれだけ咲けば見ごたえがあります。少しずつ咲いてくる様子は見ていて楽しいでしょうね。

講演は2019年前半入賞花の解説でした。今回はいつもの岩崎審査委員長に代わって沢井会長と藤井さんに解説していただきました。1つずつ丁寧に説明していただき、審査の花が変わらず多かったのは嬉しい限りです。

 (水谷崇子 記)


☆ 人気投票結果


☆ 栽培賞・努力賞結果

  例会報告に戻る